夫の不倫現場を探偵に依頼した結果

興信が気づかれないようにしていても、要請者側に落ち度があって、パートナーに気づかれてしまって、禁断の恋相手と会うのを控えたりして、失敗してしまう場合もあるでしょう。

不適切な関係リサーチを興信に要請しても、絶対にあなたの望む結果になるとは限らないのです。成功報酬にするのかどうかについても、要請をする時にちゃんと確認しておきましょう。自分でいろいろするよりは、専門家である興信に禁断の恋リサーチを要請しましょう。
経験豊富な興信に要請したら、ほしい不適切な関係の裏付けがつかめます。

自分で手を尽くして調べてみても、配偶者が不適切な関係をしているという事実はすぐに出てきます。でも、パートナーに詰め寄っても禁断の恋を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。
そのため、確実な裏付けというものが必要になります。
法律の中で、夫婦関係にある人が配偶者以外の異性と故意に性的関係になることを不貞と定めています。
すなわち、法律上では、男女関係に発展していなかったらご飯をしたりカラオケに行く程度なら、不道徳ではありません。

性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかも知れませんが、興信や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかも知れません。

コメントは受け付けていません。